目に負担をかけないことが大切|老眼の初期症状を調べておこう

40代になったら注意を

眼鏡

小さい文字が見えにくく遠いとよく見えたり暗いと見えなくなるといった症状は、老眼の初期症状の可能性があります。老眼は放置していると肩こりや頭痛といった症状を引き起こし、吐き気がすることもありますので早めにしっかりと対策をすることが大切です。

もっと見る

老化による目の症状と対策

目元

老眼の初期症状には、遠くは見えやすいが、近くのものが見えにくい、薄暗くなると文字が見えづらいなどがあります。老眼を改善するには、目に必要な栄養を摂る、目の体操で筋肉を鍛える、目薬を使用するなどの方法があります。症状が改選されない場合は、眼科で老眼レーシック治療を受ける方法もあります。

もっと見る

目を酷使するほど早く出る

ウーマン

老眼は、普段からパソコンやスマートフォンで長時間画面を見続けながら目を酷使している人ほど年齢が早くにあらわれてくるようになるといわれているので、初期症状が現れれば進行を抑えられるように予防することが大切です。

もっと見る

目が疲れたら注意

目元を触る女性

目を傷めないためには

老眼は近い部分が見えにくくなる症状があります。40歳になる頃から始まる目の老化現象です。これは誰にでも起こりうる症状であり、特別なことではありません。近視や近眼であっても老眼になります。しかし、最近では若くても同じような症状がでてしまうことがあります。その理由はパソコンやスマートフォンを使う若者が増えたからです。パソコンやスマホは目を酷使するので、目に負担をかけてしまいます。その結果として老眼になってしまいます。初期症状はいくつかあります。近くのものを見る時にぼやけてしまうことや、遠くはよく見えるのに近くが見えないことがあります。それに加えて薄暗いところで見えにくくなる様な症状もあるのです。分かりやすい症状としては目の疲れや目のかすみ、そして肩こりや頭痛があります。肩こりが発生した場合は早めに運動やストレッチをして解消することが大切です。そのまま放置すると血行が悪くなり、老眼が悪化をします。初期症状が出てくる年齢は個人差があります。目を酷使する生活習慣がある場合は早めに初期症状が出てきます。スマホやパソコンが使う時間を決めて、休憩をすれば初期症状を遅らせることも可能です。パソコンはある程度の距離を取って操作をしますが、スマホの場合は15センチ程度の距離で画面を見続けることになります。ですから1時間毎に1回休憩を取ることで目の疲れは減ります。肩や腕の筋肉をストレッチすると目の疲れもとれます。このようにして老眼を予防できます。

To Top